surfin' usa #3


Pentax K20D / Tamron SP AF 17-50mm F2.8 XR Di II (A16)

いよいよ上宮本殿へ



全国にある八幡宮は



四万四千社らしいが



その総本社なんです



ここから奥宮を遥拝



青空に朱が映えます

大分県宇佐市
豊前国一宮宇佐神宮にて

Comment

主石にゃん | URL | 2010.05.06 01:14
ん~素晴らしいですな。

さすが八幡宮の総本社。
親分の貫禄^^威厳と張りつめた緊張感が伝わってきますが、なんでしょ、全てを受け入れてくれる懐の温かさを感じますね。この朱色…とても落ち着きますよね。この色。

こんな上天気に迎えて頂けて参拝とは、本当にラッキーおじさんですな。おほほ
kt2 | URL | 2010.05.06 12:51
主石にゃんさん、コメントどうも。

朱の赤は魔除であるし、辰砂(水銀朱)の象徴なのでしょうか。
宇佐神宮のある場所は少しずれるけど中央構造線に大体沿ってますが、
中央構造線上は水銀の産出地が多く、丹生という地名が残ってますね。

呪術的だったり不老不死を得るための水銀による煉丹術に鑑みると、
なんとなく道教の影響を考えてしまいますけど、どうなんでしょう。
まあ、宇佐神宮が際立ってそうだってわけではないんですが。

応神天皇・神功皇后、さらには武内宿禰もそうでしょうか、そして
八幡(ヤ・ハタ)と見るとどうしても秦氏を連想させるので、
渡来系の影響が大きいんじゃないかなと思います(しかも古そう)。

余談ですけど、道教と道鏡からの連想ですが、弓削道鏡っていう
奈良時代のお坊さんも宇佐神宮に関わりあいが深いんですよね。
正史では天皇の座を狙った悪僧と言われることが多いのですが。

うーん、なんだこのコメントは。
とりとめなくてすいません。(笑)
主石にゃん | URL | 2010.05.07 15:33
川 ̄人 ̄)ん~マタタビおじさん…いやKt2さんて、やはりいろいろ詳しいんですな~。ニャンコ先生と呼ばせてくれだす。(いなかっぺ大将は♪私のオハコ^^)

◯| ̄|_…そうなんです…中央構造線。なぜ古代の民たちはその存在を知っていたのでしょね。イギリスでもストーンサークルや遺跡は断層帯上に有るそうですな。
そうそう、中央構造線のはじっこ…うちのほうにきてます。その影響たるや…体力消耗する時も有り、人間的には参りますわ。

神道も元は道教?そうですね、水銀朱の魔除けの赤。それから陰陽道、安倍晴明の陰陽師等に裾野を拡げていったとかなんとか^^

八幡宮由来の八つ頭の翁の話は聞いた事は有りでしたが、菱形池は初めて拝見しましたわ。あの深淵…絶句物ですな。ボケ~っと1日中眺めていたい景色です。(過去記事写真ありましたね)
あっ、八角の影向石は観られたんですか?
あぁ~大分かぁ。行ってみたいですわぁ。ってか、凄く興味のあるとこ、まだ奈良だけしか行ってねぇだよ~(~_~)
kt2 | URL | 2010.05.07 18:11
主石にゃんさん、コメントどうも。

> ◯| ̄|_…そうなんです…中央構造線。
中央構造線で思い出すのが、このサイト。
何度も紹介してる気がするので気が引けますが。

・気よもやまばなし
http://kazuktmr.hp.infoseek.co.jp/yomoyama.html

> それから陰陽道、安倍晴明の陰陽師等に裾野を拡げていったとかなんとか^^
あ、明治神宮で「陰陽道と神道」というシンポジウムに行ったことあった・・
うーん、内容は忘れた!(笑)

> あっ、八角の影向石は観られたんですか?
「八角の影向石」って何だっけ?
で調べたら何となく行ったことを思い出したというテケトーな記憶でっす。

いなかっぺ大将といえばアメリカンクラッカーかなあ。(何)
kt2 | URL | 2010.05.07 18:25
ちと、備忘録的追記。

・断層上に並ぶ神社 - 日本地震予知協会Webサイト ~雲にきこうよ~
http://www.menokami.jp/menokami.html
主石にゃん | URL | 2010.05.07 19:49
ペタリンコ有り難うございます!ゆっくり拝見させて頂きますです。

で…クラッカー?んにゃ

川´∀`)天童さんの主題歌だすよぉ~♪ひとつ人より力もちぃ~…あっ、歌わんでええですか。そですか。

…クラッカー…あっ!…えっ?ん~忘れた(笑)
kt2 | URL | 2010.05.08 14:50
主石にゃんさん、コメントどうも。

> で…クラッカー?んにゃ
大ちゃんの涙の形ですよ。
Comment Form
公開設定

検索フォーム
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Lenses & Film etc.
Camera Bodies
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ

2016年 09月 【1件】
2016年 08月 【1件】
2016年 07月 【3件】
2016年 06月 【2件】
2016年 05月 【1件】
2016年 04月 【21件】
2016年 03月 【22件】
2016年 02月 【29件】
2016年 01月 【16件】
2015年 12月 【24件】
2015年 11月 【30件】
2015年 10月 【25件】
2015年 09月 【22件】
2015年 08月 【9件】
2015年 07月 【16件】
2015年 06月 【9件】
2015年 05月 【4件】
2015年 04月 【14件】
2015年 03月 【22件】
2015年 02月 【30件】
2015年 01月 【31件】
2014年 12月 【46件】
2014年 11月 【30件】
2014年 10月 【46件】
2014年 09月 【46件】
2014年 08月 【26件】
2014年 07月 【30件】
2014年 06月 【23件】
2014年 05月 【26件】
2014年 04月 【6件】
2014年 03月 【100件】
2014年 02月 【89件】
2014年 01月 【61件】
2013年 12月 【82件】
2013年 11月 【78件】
2013年 10月 【114件】
2013年 09月 【116件】
2013年 08月 【70件】
2013年 07月 【88件】
2013年 06月 【63件】
2013年 05月 【58件】
2013年 04月 【39件】
2013年 03月 【27件】
2013年 02月 【14件】
2013年 01月 【28件】
2012年 12月 【74件】
2012年 11月 【89件】
2012年 10月 【96件】
2012年 09月 【84件】
2012年 08月 【60件】
2012年 07月 【47件】
2012年 06月 【36件】
2012年 05月 【62件】
2012年 04月 【64件】
2012年 03月 【116件】
2012年 02月 【124件】
2012年 01月 【61件】
2011年 12月 【44件】
2011年 11月 【13件】
2011年 10月 【7件】
2011年 09月 【37件】
2011年 08月 【37件】
2011年 07月 【43件】
2011年 06月 【47件】
2011年 05月 【45件】
2011年 04月 【40件】
2011年 03月 【45件】
2011年 02月 【57件】
2011年 01月 【50件】
2010年 12月 【50件】
2010年 11月 【40件】
2010年 10月 【42件】
2010年 09月 【36件】
2010年 08月 【39件】
2010年 07月 【40件】
2010年 06月 【42件】
2010年 05月 【32件】
2010年 04月 【31件】
2010年 03月 【48件】
2010年 02月 【22件】
2010年 01月 【21件】
2009年 12月 【39件】
2009年 11月 【16件】
2009年 10月 【5件】
2009年 09月 【20件】
2009年 08月 【22件】
2009年 07月 【26件】
2009年 06月 【15件】
2009年 05月 【2件】
2009年 04月 【4件】

google translate
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
プロフィール

kt2

Author:kt2